投資対象・アプローチ

INVESTMENT APPROACH

HOME > 投資対象・アプローチ

投資対象

確固たるコアビジネスがあるものの、成長の壁に直面している
中堅・中小企業、売上減少・利益率低下・資金繰り難等に直面している中堅・中小企業

  • ・適切なターンアラウンド戦略、及び成長戦略を立案・実行
  • ・海外市場など新たな分野への進出の支援
  • ・メインバンクと協調の上、不要資産の売却、債務の株式化、増資引受け等により財務内容をテコ入れ

事業の再編、新たなビジネスモデルの構築を必要とする大企業、中堅企業

  • ・会社分割等による不採算・ノンコア事業の整理、ビジネスモデルの再構築、新成長戦略、提携戦略等の全体最適戦略を支援
  • ・必要な資本政策ソリューション・資金を提供し、経営陣と共に最適な資本構成を実現

業界再編が課題である業種で、当該業界再編の中核となり得る企業

投資アプローチ

投資後の経営方針について投資先企業の経営陣と十分な協議、合意の上で投資を実行

企業価値の向上を通じて各ステークホルダーの利益の最大化を図り、価値の成果を共有

持ち株シェア等投資の内容についても柔軟に対応